夫に内緒

MENU

専業主婦でも夫に内緒で借りれる?

専業主婦の方がカードローンなどで借入をしようとする際、いろいろな問題点があります。
収入がないのに借りることができるという問題点などが挙げられますが、その中で大きな問題点として、夫に内緒で借りれるのかいう問題点が挙げられます。

 

専業主婦の方がカードローンを利用する際、現在では銀行系カードローンを利用すれば比較的スムーズに契約をすることが可能です。
融資限度額は多くても50万円程度と少額であることが多いです。

 

しかし、少額であっても一時的に借りようというのであれば十分な金額ですし、それ以上の借入ははっきり言ってお勧めできません。

 

ちなみに消費者金融でも配偶者貸付制度という制度があり、収入がないはずの専業主婦に対してでも、夫の総量規制の範囲内であれば、夫の承諾を条件にして借り入れが可能です。

 

しかし、承諾を得ることができるような専業主婦であればわざわざ消費者金融に借入をすることはないでしょうから、夫が直接承諾書を書くことは考えられません。
そして、場合によっては後日トラブルの原因になります。
そのため、事実上取り扱いをしてくれる消費者金融は皆無です。

 

専業主婦の方が借入をする際は、借入自体を夫に内緒にしていることが多いです。
夫だけではなく、姑さんなどと同居している場合は、更に内緒にしたいでしょう。

 

とはいえ、カードローンなどの借入は自宅に郵便物が来たり、電話があったりします。
なんとか隠しおおせる手段はないものかと考えたくなるものです。
カードローンを利用して家族にばれてしまう一番の原因は郵便物です。
消費者金融を利用すると、封筒などカラでわかってしまうのですが、銀行系カードローンであればその心配は多少なりとも低くなるでしょう。

 

とはいえ、特に用事もないのに銀行から郵便物が来ることがわかると、夫から「何?」と聞かれることがあるかもしれません。
あまり嘘を言うのは好ましくないため、確実に気づかれない方法を考えた方が賢明です。

 

銀行系カードローンは、窓口で申込をすると、その場でローンカードを発行してくれることがあります。
銀行によって対応が違いますから、一概には言えないので事前に確認したほうが賢明です。
専業主婦専用ローンというような宣伝をしている銀行系カードローンであれば、夫に内緒で借りたい人が多いため、配慮をしてくれていることが多いようです。

 

また、最近はネット銀行でも専業主婦専用ローンを取り扱っていることが増えてきました。
ただし、ネット銀行は店舗がないため、ローンカードは基本的に書留郵便です。
夫に内緒という観点であればいいのですが、姑さんなどの家族に内緒にしようという際は問題になります。

 

しかし、ネット銀行の中にはキャッシュカードにローンカードを一体化させている例があります。
この場合、申込をして審査が終了すればキャッシュカードでカードローンの利用ができるようになります。

 

これらの場合、自宅には何も届きません。
ネット銀行なので明細はすべてネットやスマホで確認することになります。
自宅のコンピューターは家族で共用ということも少なくないでしょうから、実際にはスマホで確認することになるでしょう。

 

最近は、ネット銀行だけではなくメガバンクの中でも預金口座を持っていれば、ローンカードを発行しない形でのカードローンを提供しています。
専業主婦の方がカードローンを借りる際は、夫の収入が返済原資になるため、夫の勤務先を申込書に書かされます。
場合によっては健康保険証の提示を求められることがあります。

 

しかし、通常のカードローンの申込に不可欠と言われている職場への在籍確認はありません。
そのため、夫に内緒で借入をすることは十分に可能です。