女性の借金悩み

MENU

女性の借金(キャッシング)悩みあれこれ

女性がキャッシングしようとする場合、審査で特に問題がなるわけではないのですが、消費者金融という場所に対する抵抗感があるようです。
お金を借りることに対する罪悪感に対する悩みや消費者金融に対する怖さという悩みを持つ方もいらっしゃるようです。

昔の「サラ金」自体であれば、怖い風貌の方もいらっしゃったようですが、最近はそのようなことはありません。
むしろ銀行などのような明るい店舗づくりを心掛けていることが多く、無人機店舗の電話応対も穏やかな女性担当者が応対することが多いです。
とはいえ、女性ならではの借金に対する悩みは少なくないようです。

そんなつもりではないのですが・・・

消費者金融に申込の電話をすると、大抵女性担当者が応対します。
そのため、女性の方が申込をしてもさほど抵抗なく申込をすることができます。
しかし、ちょっと確認事項があると審査担当者が電話をすることになりますが、大抵男性です。

大手消費者金融の審査はコンピューター審査なので、審査内容で確認の電話が入ることは少ないです。
しかし、スマホで申込をすると入力ミスが発生することが多いのです。
ちょっとした住所氏名の違い、あるいは生年月日の間違いは信用情報機関のデータとのマッチングでエラーとなります。

ちょっと見れば同一人物が間違えているとわかるのですが、そこはコンプライアンスの問題もありますので、電話確認をすることで訂正しているのです。
しかし、この電話が女性にとっては怖いのです。
担当者としては気を使っているのですが、怖いと思い込んでいる女性には効果がないようです。

消費者金融の電話は、女性からしかかかってこないと思い込んでいる方も少なくありません。
しかし、そこに男性からの電話があり、住所氏名の確認をしたいと言われると、たとえ最初に消費者金融の名前を名乗られても気が動転する女性がいらっしゃいます。
場合によってはストーカーから電話があったような騒ぎになることもあり、そんなつもりではないのですがと、消費者金融側もびっくりするようなことになることもあるようです。

最近は、女性専用窓口というものもあります。
消費者金融を利用する際、どうしても男性からの電話が怖いというのであれば、そちらを利用したほうが賢明かもしれません。
しかし、それ以前の問題として、申込内容の入力は確実にして、送信前の確認画面はしっかりチェックするこの方がよほど大切です。
1文字違っていたとしても、消費者金融は確認の電話をしてくると考えた方がいいでしょう。

借りすぎ注意

女性が消費者金融で借金をする際に躊躇する原因として、借りすぎに対する恐怖があります。
それほど恐怖感を抱いたうえで消費者金融を使う女性は慎重なので、まず間違いなく滞納になることはありません。
その意味では安心していただければいいのですが、慣れというものは怖いもので、最初の恐怖感が薄れた頃が危険です。

言うまでありませんが、借りすぎてしまうと返済が厳しくなります。
女性が消費者金融でお金を借りてしまう悩みで一番多いのが、借りすぎた後の返済についての悩みです。
自分の収入にあった借入額に留めないと返済で悩むことになります。

借りる金額を考える前に、まず自分がいくらまで返済ができるかを考える方が先決です。
大体の目安ですが、自分の手取月収の2割が限度です。
これが3割、4割と膨らむと返済が厳しいと悩むことになり、半分を超えると返済不能と言う文字が頭をよぎります。

また、返済期間は1年が限度です。
これを超えるといつまでたっても返済が終わらないという気持ちになって気分が重くなります。
特にクレジットカードのリボ払いは、いつまでかかるかわからないような明細書になっているので必要以上に悩むことになります。

当然のことですが、消費者金融もリボ払いも金利は低くありません。
そのため、返済期間が長期化すると、返済がより一層長期化する傾向にあるのです。
女性が消費者金融などで借入をして返済が終わらないと、自分の悩みを書き込みサイトにしていることが多いのですが、返済期間を1年以内と決めることで、このような悩みを防ぐことができます。

1年を超えると予想されるのであれば、繰上返済をすることが必要です。
ボーナスなどが出れば最優先で繰上返済をすることで返済期間を短縮することができますし、利息負担額も少なくなります。
ボーナスなどで買いたいものもあるでしょうが、既に借金をして買い物などをしているのですから、あきらめることが肝心です。

友達間の貸借は悲劇を招く

女性が借金をする際の悩みで結構多いのが、友達間の貸借です。
消費者金融などで借りるのであれば、人間関係に支障が発生することはありませんが、友達からお金を借りると話が違います。
借りた側だけではなく、貸した側も悩むことになるので始末が悪いのです。

お金が必要だからどこかから借りようとする場合、通常は消費者金融などから借りることが多いです。
例え仲のいい友人であっても、自分がお金を借りていることは内緒にしたいのが人間の心理です。
にもかかわらず、友達からお金を借りるという場合は、よほど困っている場合が多く、切羽詰まっているのです。

そんな際、つい仲のいい友達に相談したくなるものですし、相談を受けた側は気の毒になって助けてあげようとするものです。
相談を受けた友達がアルバイトで稼いだお金を貸すのも問題ですが、最悪の場合は、親の財布からお金を拝借することもあるのです。

友達に貸したお金がすぐ戻ってくればいいのですが、大抵そのようなことは望めません。
すぐ返済できるようであれば友達に相談することはないのです。

貸した友達は、自分のアルバイト収入や親から寸借したお金を、どう穴埋めしようか悩むことになります。
借りた友達は返済できないため悩むことになります。
そのうち、貸した友達が返してほしいと請求することになりますが、請求されて返済できるのであれば返済しているでしょうし、最初から相談などしていないでしょう。

結果として、仲の良い友達だったのに絶縁関係になってしまいます。
どれだけ仲のいい友達であっても、お金の貸し借りをした瞬間に人間関係は破壊されると考えた方がいいでしょう。
友達に借金の相談をされたら、返済方法についてアドバイスをしたり、最悪の場合債務整理などの方法を教えたりする程度に留めるべきでしょう。
そうすることで、友達の借金の悩みが解決できれば、友情は更に深まるでしょう。
また、友達も二度と同じ借金の悩みを持たないように気を付けるはずです。

滞納すると働かせられるの?

都市伝説のように囁かれているのが、女性が消費者金融で借金をして滞納をすると、風俗店で働かされるという話です。
実際には間違ってもそのようなことはありませんが、最近は女性専用ローンというローン商品が増加しているので、いざとなったら風俗で働かせるのかなぁというイメージを持たれるのかもしれません。

このような話を真に受けて、消費者金融で借金をするのは怖いと悩んでいる人もいらっしゃるらしいです。
確かに消費者金融やクレジットカードのリボ払いが多くなって、返済に困って風俗店でアルバイトを始めたという女性の話を聞くことがあります。

しかし、それは彼女たちの自発的意思でそうしたのであり、消費者金融の回収担当者が「給与だけで返済できないなら、風俗で働いて返せ」と言うことは間違ってもありません。
金融関係の漫画などでそのようなシーンが出てくるので、本当かと思われる方がいらっしゃるようですが、それは漫画の読みすぎです。
今のご時世、消費者金融の人がそのようなことを口走ったら大問題になります。
下手をすると監督官庁から営業停止処分を受けることになってしまいかねません。

消費者金融利用者が滞納をした場合の対応は、利用者が男性でも女性でも同様です。
督促をして、半年以上継続すればブラックリストに載り、それでも回収できなければ給与差押のために簡易裁判所に訴えられるというものです。

担保を提供しない無担保融資がほとんどの消費者金融なので、このような手段で回収することになります。
もっとも、給与差押は最終手段なので、よほど督促しても反応がない方に限られると考えて間違いないでしょうが、督促は結構粘り強くしていますので、日常生活に支障が少なからず発生します。
これはこれで一つの悩みとなるでしょう。

女性専用ローンってお得?

最近の消費者金融は、女性が気軽に利用できるように女性専用ローンを提供していることが多くなりました。
ただし、女性専用ローンとはいえ、商品内容は一般のローンと全く同じです。
キャンペーンでもない限り、女性だから金利を優遇してくれるということはありません。

女性専用ローンと言うより、女性専用窓口と考えた方が正確かもしれないのですが、消費者金融に女性が持つイメージは今のご時世にもあまりいいものではなく、怖がられているのが現実です。
そのため、女性専用ローンとすることで女性の新規顧客が増加するのです。

もっとも、この女性専用ローンは有利な利率でもなければ、限度額が高い訳でもありません。
女性は男性よりお金の買い方に慎重だと言われているため、有利なのではないかと期待する人もいらっしゃるようですが、そのようなことはないのです。

実際に債務整理などをする方は、女性も男性に負けないほど多く、クレジットカードのリボ払いの支払が多くなって弁護士さんなどに相談する例が多いようです。
一般的に女性は財布の紐がきついと言われていますが、買いたいものがあると信じられないほど緩めてしまうのも現実なのです。

このように単なる女性専用窓口と考えた方がいい女性専用ローンですが、消費者金融の中には広告宣伝を女性に絞ったものもあり、新規顧客獲得を至上命題としている消費者金融にとっては有望なローン商品です。
ローンカードを女性向けにキラキラ系にしているものもありますから、人気は高いです。

ヤミ金に手を出さないこと

借金の返済が苦しくなったと悩む女性の中には、年収の3分の1と言う総量規制の壁に当たってしまった人もいらっしゃるようです。
こうなると、どの消費者金融でも借金をすることはできません。
総量規制対象外の銀行でも、多重債務者に対する審査は慎重ですから、借金はできないと考えた方がいいでしょう。

このような事態になると、ネットなどで消費者金融を探すことになりますが、必然的にヤミ金に手を出すことになります。
しかし、ヤミ金に一度手を出すと返済が非常に困難になるばかりではなく、取り立て方法も常識を逸しており、怖いという程度を超えています。

ヤミ金が怖いと言われる理由は、ただ単に金利が高いというだけではなく、回収手段が過酷だからなのです。
その回収手段は単に脅迫するだけではなく、自分の知らないうちに犯罪者に仕立てられたり、自分の健康を害するようなアルバイトをさせられたりするのです。

女性が借金返済のためにアルバイトをするというと、風俗店を思い浮かべる方もいらっしゃるでしょうが、ヤミ金が勧めるアルバイトで一番危険なものは製薬会社の治験です。
承認前の薬品のテストをさせられる訳で、いわば人間モルモットです。

製薬会社の治験は危険性が広まっているため、応じる人は非常に少ないです。
しかし、治験をしないと承認が下りないため「派遣会社」に依頼をしているのですが、このような派遣会社から派遣される方の中には、借金返済に悩んでいる人が多いのです。

他にも、振り込め詐欺の受け子とさせられて警察に逮捕されたり、携帯電話や銀行口座の申込をさせられて犯罪者に仕立てられる例も少なくありません。
ヤミ金に手を出すと、このような悩みを新たに抱えることになります。
また、この手の悩みは簡単に解決できません。

そのような危険を冒すより、消費者金融などで提供しているおまとめローンに一本化するか、それが無理であれば債務整理を選択すべきです。
ヤミ金の安易な利用は自分の人生を台無しにすると心得るべきです。

派遣でも借りれますか?

最近は派遣会社に登録をして、自分の都合に合わせて仕事をする女性が増加しています。
非常に気軽でいいのですが、収入が安定しないため一時的なお金を融通する必要があります。
そんな際、消費者金融で借金をすれば、一時的な資金不足を解消することができます。
しかし、派遣の人に対してお金を貸してくれるのだろうかと言う悩みがあります。

実際に、大手消費者金融の中には派遣の仕事をしていても、収入が安定していないと融資をしてくれないことがあります。
大手消費者金融の融資条件として「安定した収入がある人」とあるのですから、当然のことかもしれません。

アルバイトや派遣の仕事をしている女性であっても、変動はあっても給料が毎月出ていれば、大手消費者金融で借金をすることは難しくありません。
しかし登録型の派遣の形式だと収入が安定していないので審査では不利です。

この場合、大手消費者金融での借金はあきらめて、中小規模の消費者金融を狙うことをお勧めします。
中小消費者金融の中には、従業員をすべて女性としているケースもあり、女性が借金をしやすい環境を作っている場合があります。

中小規模の消費者金融は、まったく収入がない人であれは別ですが、総量規制の範囲内であれば収入が安定していなくても貸してくれることがあります。
カードローンの形式ではなく、フリーローンの形式なので使い勝手に難はありますが、自分が借りて無理なく返済できそうな金額の相談にも乗ってくれることが多いです。
大手より親身になって相談に乗ってくれることもありますから、お金の悩みや疑問が解決するかもしれません。

卒業旅行のお金を借りたい

大学4回生の方の中には、卒業前に友達同士で海外旅行に出かけたいという人もいらっしゃるでしょう。
女性の友達は、大学卒業とともに就職して、比較的早期に結婚してしまう人も少なくありません。
子供ができると旅行に行くことはほぼ不可能なので、卒業旅行は結構大切です。

とはいえ、お金がなければ旅行に行くことはできません。
この悩みを解決する手段として、消費者金融での借金がありますが、大学生にお金を簡単に貸す消費者金融はないのです。

ただし、大学生であっても4回生であれば二十歳を超えているため、アルバイト収入があれば融資を受けることができます。
自分のアルバイト収入を貯金した資金と、消費者金融で借りた資金を合わせればちょっとした海外旅行は可能でしょう。

就職すると、1週間単位の旅行を自由にすることは難しくなります。
卒業旅行はその意味でも大切です。親にお金を借りてもいいのですが、自分の責任でお金を借りて返済することを知ることもいい人生勉強になるでしょう。

アルバイト収入であっても定期的に勤めていれば、安定した収入があるため、大手消費者金融で借金をすることは可能です。
親によっては、大学生の分際で消費者金融からお金を借りるなどとんでもないという人もいらっしゃるでしょう。

しかし、長い人生で借金をすることなく一生を終わることはよほど経済的に恵まれた人でない限り難しいはずです。
一度自分の信用でお金を借りて、アルバイトや就職後の給料で返済させれば、お金を借りるということの意味もお金の大切さも分かるはずです。