審査が甘い

MENU

審査が甘いレディースローンは?

審査が甘いレディースローンというものがあるかと聞かれると、回答に窮します。

審査を甘くしすぎると貸倒の可能性が高くなりますから、いくら顧客獲得が最優先だとはいえ、あまり甘くすることはできないのです。
甘いというより「甘め」と考えた方がいいでしょう。

ただ、中小規模の消費者金融は大手のような定型的な審査をしませんから、申込者の将来性を考慮して融資をしてくれることがあります。
この場合、大手で断られた人だけではなく、持ったような審査結果が出なかった人であっても同じことが言えて、融資限度額がアップしたような話は十分にあり得ます。

審査が甘いレディースローンを探そうと思ったら、このようにまず中小消費者金融を探すのが先決です。
しかし、最近は大手消費者金融の中でも、女性専用に融資限度額をあえて低額にした形のカードローンを提供しています。
限度額が多いと使いすぎてしまうからという女性の声に応えたローン商品ですが、融資限度額が低いため審査基準も甘めにできるという効果があります。

消費者金融が審査を甘くできる理由としては、このように一つは顧客獲得のため、もう一つは融資限度額を低くできるためという2つの理由が考えられます。
最近では、大手消費者金融でも女性専用窓口を設置した「レディースローン」が増加しています。
消費者金融って怖いなという先入観を持っている人にはベストの選択ですが、審査基準は他のカードローンと全く同じですから、審査の甘さは期待できません。

審査が甘いレディースローンを探すのであれば、昔から女性向けのローンを提供している中小規模の消費者金融がお勧めです。
家庭の主婦の方であっても、パート収入があれば消費者金融の利用は可能です。
しかし、収入が少額で勤続年数も短い場合は審査に通らない可能性や融資限度家具が極端に少なくなることが考えられます。

しかし、中小規模の消費者金融であれば定型的な融資をしないばかりか、女性相手の貸付経験が長いので、仕事の内容によってはずっと働き続けることができると判断してくれることもあります。
そうすれば、勤続年数の短さは審査にあまり影響せず、融資限度額も増加して少しでも金利を低くすることができます。

使い過ぎが怖いという理由で、融資限度額が少ないレディースローンを利用するのも一つの方法です。
もともと消費者金融などのカードローンは多額の利用を前提としていません。
ある程度まとまった融資を希望するのであれば、銀行などで提供しているフリーローンを利用し、借入後に毎月定額を順番に返済するのが本来の借り方です。

カードローンは、例えば給料日前にちょっとお金が足りないから借りてみようという、臨時的な少額の利用に合ったローンです。
そのため、本来利用限度額は10万円程度で問題はなく、それ以上の融資限度額があると、銀行などでフリーローンを借りようとしても審査の妨げになってしまうことが多いのです。

最近は、銀行でも女性を対象にしたローン商品が増加しています。
銀行の審査は厳しいと言われていますが、目的を絞ったマイカーローンなどの場合は見積書などの提示により、金利が低くて審査も通りやすいです。
自分の取引銀行での借入であれば、更に審査は通りやすくて審査が甘いのではないかと思うほどです。
もっとも、これは目的がしっかりしていたり、昔からの取引があったりして、貸倒の心配がないという理由なので、必ずしも審査が甘いということではありません。

ネットバンクでは、専業主婦向けのカードローンが提供されています。
旦那さんの収入を担保にしているわけなので、審査は甘いと言われています。
ただし、この場合も旦那さんという頼れる人がいるため審査が甘めになるのであり、誰に対してでも審査を甘くしてくれるわけではありません。