在籍確認なし

MENU

在籍確認の内容は?

在籍確認というのは、金融機関にローンやキャッシングの申し込みをした際に行われる審査過程の一つで、申込用紙に記入した職場に利用者が本当に勤めているのかを電話で確認するという作業が行われます。

借入に対応している金融機関には銀行や消費者金融など様々な所がありますが、この作業は大半のところで行われている一般的な審査プロセスとなっています。

電話は基本的に個人名

「お金を借りる時に、金融業者から会社に電話がかかってくると、他人にばれてしまうのでは?」と不安を抱える人は少なくありません。

しかし安心してください。
在籍確認の電話では、金融機関が社名を名乗って電話をしてくることはありませんし、個人情報はしっかり厳守されています。
担当者が個人名で電話をしてくれるので、上司や同僚にばれてしまう心配はまずないでしょう。

また、この電話確認は、利用者がそこで働いているかどうかを確認するためのものなので、電話がかかってきた時に本人がその場にいなくても問題ありません。
営業でずっと外回りの人でも安心ですし、その日お休みを取っていてももちろんOKです。

デスクや部署に直通の電話がある場合には、そこに電話してもらって自分が応対するという方法もアリです。
電話をしてもらいたい時間を告げておけば、担当者はその時間にきちんと電話してくれますので、その時デスクにいれば自分で対応ができて、他人には全く知られる必要がないということになります。

バレるリスクとは?

ただし、在籍確認でも場合によっては職場の人に気づかれてしまうリスクはあります。
それは、借入を申し込む金融機関に落ち度があるというわけではなく、電話応対した人の勘が鋭い時です。

会社にかかってくる電話は、ほとんどは企業からのものなので、皆が働いている時間帯に個人名で電話がかかってくると「あれ?」と勘を働かせてしまうおせっかいな人はどこの職場にもいるものです。
そして、そういう人が電話応対してしまうと、後から「もしかして、借入の申し込みしたの?」なんてかまをかけられてしまうこともあるかもしれません。

ちなみに、在籍確認の連絡はあくまでも利用者がその職場にいるかどうかの確認なので、折り返し連絡をしなければマズいということはありません。
電話をかけてくれる担当者の人も「いらっしゃらなければ、結構です」と切ってくれます。

在籍確認なしで消費者金融からお金を借りる

キャッシングやカードローンの中には、在籍確認不要な所があります。

一般的には借り入れの際には必要不可欠なプロセスなのですが、社名が印刷されている名刺を持っているとか、社員バッジをつけていてわざわざ電話確認しなくても勤務先がはっきり分かる場合などには、ケースバイケースで在籍確認作業が不要になることがあるようです。

また、借り入れる金額が大きくなると、総量規制に引っ掛かっていないことを確認する目的で収入証明の提出が求められますが、その際に直近3か月分の給料明細を提出することが在籍確認作業を兼ねているということもあります。

例えば、アイフルからのキャッシングやカードローンの中でも即日融資を謳っているものだと、給料明細を提出することで在籍確認不要になるようです。

今すぐにお金が必要で、しかもすでにオフィスがクローズしていて電話しても誰もいない、なんて時には、この方法だと手続きがスムーズにできるのでとても便利です。
その他、優良な消費者金融として人気のモビットも、在籍確認不要で借りることができます。

ただし、在籍確認なしで借りる際には、借入を申し込んでいる金融機関の側から提出を求められる書類が多くなることは覚悟しておいた方が良いでしょう。
例えば、直近3か月分の給料明細に加えて、健康保険証や社員証が必要になることもあります。

即日融資を希望する際には、あらかじめこうした書類も持参したほうが、手続きがすんなりと進みやすくなりますので、借入までにかかる時間を短縮することにもつながります。

銀行からの借り入れでも

銀行系のカードローンでも、在籍確認不要な借り方があります。
それは、銀行に口座を持っている人が少額の借り入れを希望する場合、かつWEBで申し込みから借入れまでが完結できる商品の場合が多くなっています。

銀行では、口座を持っていれば在籍確認をしなくても入出金を把握できますし、少額の借入なら収入が無い専業主婦でも審査に通ったりするので、あえて在籍確認作業をする必要が無いのかもしれません。

職場・会社に電話連絡なしでってお願いできる?

在籍確認が必要な借入は、金融機関によってはいくつかの条件を満たせば在籍確認の代替として職場に連絡しないで借りられるということはありますが、基本的には電話確認の作業が必要です。

場合によっては、在籍確認ができるまでは審査結果が分からないというケースもありますので、キャッシングやカードローンを申し込む際には、このプロセスは自動的についてくるものだと考えたほうが良いでしょう。

カード会社に「連絡しないでほしい」とリクエストしても、かえって怪しまれるだけなので止めたほうが良いでしょう。
カード会社は、できるだけ利用者が気持ちよく周囲から怪しまれることなく借りやすいように、最大限の配慮をしてくれます。

利用者が男性の場合には男性の担当者が電話してくれたり、利用者が女性の場合には女性の担当者をリクエストすることができますし、電話をかけてくる日時も指定できるので、利用者が本当にその職場で働いているなら、電話がかかってくることでかなり困ることは少ないものです。

それなのに「どうしても連絡しないでほしい」とお願いすると、虚偽の申請をしているのではないかと疑われてしまっても仕方ないかもしれません。

どうしても連絡してほしくない時の方法

お金を借りたいけれど、どうしても職場に連絡されるのは困るという場合には、働いていないフリーターとして借りるという方法があります。
男性ならフリーター、女性なら専業主婦とか家事手伝いということにして借り入れの申し込みをすることで、カード会社は職場への在籍確認をする心配はなくなります。

ただし、そうすると収入面で無収入という扱いになってしまうため、審査に通らない借入商品が多くなりますし、審査に通っても少額のみということになってしまうので注意しましょう。

どうしても他人に知られたくない時のおすすめ法

カードローンやキャッシングの申し込みをして、在籍確認の作業を避けて通れないことが分かっている時、どうしても他人に知られたくない場合にはどうすれば良いでしょうか?

おすすめの方法は、難しそうで意外と簡単です。
それは、カード会社から職場にかかってきた電話を自分で応対するという方法です。

カード会社の多くは、利用者が在籍確認して欲しい日時のリクエストを受け付けています。
ずっと外回りの営業をしている人でも、出社したばかりの時間ならオフィスにいることが多いでしょうから、その時間を指定すれば問題ありません。

基本的に在籍確認作業はカード会社が営業している時間帯ならいつでもOKなので、ほかの人の退社時刻を過ぎた時間に連絡してほしいというのも受け付けてもらえます。

派遣社員・アルバイトの在籍確認は

金融機関からの借り入れでは、安定した収入があれば派遣社員やアルバイトでも借入可能なケースがあります。
その場合、収入が本当にあるかを確認するために、雇用形態がアルバイトや人材派遣でも在籍確認の電話がかかってくることになります。

この場合も正社員に対する在籍確認と内容的には全く変わることはなく、カード会社の担当者は社名ではなく個人名で電話をしてくれますし、電話をかけてくる人の男性・女性をこちらからリクエストすることもできます。
日時を指定することもできるので、自分で電話応対できる人も多いでしょう。

人材派遣の場合、雇用先と実際の職場は異なることが多いのですが、借入の在籍確認をする際には、実際の職場の方がおススメです。

申し込む時に人材派遣で働いている旨を告げれば、金融会社のほうから在籍確認するのは雇用先か実際の職場かを指定してくれるので安心ですが、実際に働いていることを確認するための電話なので、職場への電話が適用されることが多いようです。

審査に通りにくいアルバイトとは?

こうした借り入れでは、人材派遣やアルバイト、パートなどの雇用形態でも「安定した金額の収入が継続して入ってくる場合」なら借りられると判断する金融機関はたくさんあります。

しかし、アルバイトなら何でもOKというわけではなく、収入に継続性がない単発のアルバイトだったりすると、借入の申し込みをしても審査落ちしてしまう可能性があるので気を付けましょう。

正社員ではないアルバイトや人材派遣の場合、直近3か月〜6か月ぐらいの給料明細の提出を求められることが多いため、単発アルバイトをメインにしている人だと「継続して収入がある」とはみなされないことが多いですし、在籍確認の電話まで審査プロセスが進まないことが多いようです。

在籍確認の言い訳と電話対応

もしも職場に在籍確認の電話が入り、それで同僚や上司などに勘付かれそうになったら、どうすれば良いのでしょうか?

ほとんどの場合、この電話は社名ではなく個人名ですし、本人がそばにいて代われば「在籍の確認ができましたので」と要件はそれだけで電話で長く会話をすることはありません。

また、本人がそばにいない場合やお休みの時には、電話を取った人が「席を外しております」とか「本日はお休みをいただいております」などと対応してくれるため、全く問題はありません。

しかし、それでも勘が良い人だと借入の申込みたいする在籍確認なのではないかと疑われてしまうことはあります。
その場合、上手く言い訳してサッとかわせるような心の準備はしておいた方が良いかもしれません。

こうした人は「個人名で電話がかかってきたけれど、誰?」と聞いてくることは少なく、たいていの場合、カマをかけてきます。「お金でも借りるの?」とか「さっきの人、消費者金融の人でしょ」など、借入の申し込みをした人にとってはドキッとするような言葉をかけてくるかもしれません。

その時、あわてふためいたりオドオドしてしまうと、カード会社に全く落ち度がなくても職場の人に借入の事実が知られてしまうことになるので気を付けましょう。
金融業者が社名を名乗ってかけてくることはありませんので、その点は安心してくださいね。

何かカマをかけられても動じることなく、「友人だけど、同窓会の出席確認でさ」などと軽くかわすのも良いですし、「お金借りるの?」と聞かれたのをジョークで「借りるなら最初にあなたにお願いしますよ〜だって頼りになりますもん」などとかわすのも良いかもしれません。

たいていの場合、それ以上突っ込んだ質問はされることはありませんし、在籍確認の電話は1回だけで何回もかかってくることはありませんので安心してください。

金融機関が社名を名乗るのはこんな時

借入の申し込みをする際の在籍確認では、銀行でも消費者金融でも社名を名乗って電話をかけてくることはありません。

しかし、金融機関がどんな時でも社名を名乗らないかと言えば、決してそういうわけではなく、返済を遅れて督促の連絡が入るようになると、個人名ではなく社名を名乗って電話をかけてくるようになるので注意しなければいけません。

もちろん、返済を怠らなければそうした心配は一切する必要がありませんし、万が一返済が難しい場合でも、業者から連絡が来るのを待ったり無視を決め込むのではなく、こちらから返済が難しいと分かった時点で連絡を入れれば、適切なアドバイスをもらうことができますし業者の側から連絡が入る心配もないでしょう。

もしも返済を怠ってしまった場合でも、いきなり返済期日当日に電話で怖い督促が入ることは少なく、大半の場合には個人名で連絡が入り、「返済いただいておりませんので」と通知してくれます。

うっかり返済するのを忘れていた人なら、ここでさっと返済すれば問題ありませんが、適当なことを言ったり居留守をすると、社名を出して連絡してきたり、督促の手紙やはがきが自宅や職場に届いたり、場合によっては督促の人が職場や自宅までやってくる事態にもなりかねません。

そんな事態にならないように、借りる時には計画的に借りることは大切ですし、返済のシミュレーションもしっかりして返済能力を確認してから借りるようにしましょう。