レディースローン

MENU

女性専用ローンの特徴とは?

女性専用ローンとは、文字通り利用者を女性に限定したローンです。
もっとも、女性だから利率を低くしたり融資限度額を高くしたりということはなく、女性の担当者が応対するというだけのものが多いです。
とはいえ、これだけで女性は安心感を持つと言われているのです。

古くから、応対を女性担当者に限定し、WEBなども女性受けするデザインの消費者金融がありました。
最近では、大手消費者金融でも女性担当者が必ず応対し、男性は絶対に応対しないという種類の申込方法が増えてきました。

大手消費者金融は、従業員研修で男性社員に対して、女性に対応する際の研修はしています。
しかし、女性にとって消費者金融は「怖い場所」というイメージがあります。
お金を借りるということに対して、若干ながら後ろめたさを感じている女性は、女性の担当者に応対してもらうとホッとするのです。

大手消費者金融の中には、女性向けするWEBだけではなく、ローンカードも女性受けするように工夫を凝らしていることがあります。
また、融資限度額を低くする代わりに電話連絡などをすべて省略するというタイプのローンもあります。
職場への在籍確認だけではなく、消費者金融側からの電話連絡をすべて省略することで、女性の不安を解消しているのです。

昔の「サラ金」時代と違い、消費者金融はずいぶんと近づきやすいイメージがついてきました。
タレントを投入したCMも近寄りがたいイメージを解消しています。
それでも、消費者金融に意を決して電話をして、男性担当者が電話に出た瞬間に怖いと思って電話を切ってしまう女性も少なくありません。

男性には絶対に理解しがたい「女性の心理」が、レディースローンを存続させている秘密なのです。
とはいえ、新規顧客獲得に熱心な消費者金融にとって「女性専用窓口」でもあるレディースローンは、大切な広告手段なのです。

女性は男性より、お金の使い方がしっかりしているから融資審査も甘めなのかなと思われる方もいらっしゃるようですが、残念ながらそのようなことはありません。
普段はしっかりと財布の紐を締めているのが女性のイメージであり、ある意味間違ってはいませんが、欲しいものができると無制限に財布の紐を緩めてしまうのも女性の一面です。

男性と女性で審査基準が違うということはあまり考えられず、レディースローンだから審査が甘めであるということはありません。
実際にレディースローンと呼ばれるローンの融資条件をチェックしても、通常の消費者金融と変わりないのです。

レディースローンで借り入れるメリット

女性にとっては、お金を借りたいと思っても、消費者金融で申込をするという行為自体が一つの壁となっているようです。
男性には理解しがたいのですが、たとえ電話であっても「消費者金融の男性担当者」は、威嚇的な態度で脅してくるというイメージがあるようです。

このイメージは、WEBなどで見ることができるヤミ金の取り立て屋のイメージと重なるものがあります。
最近の消費者金融の応対は非常に良くなっているので、間違っても相手を怖がらせるような口調では応対しないのですが、一度出来上がったイメージは簡単に崩れるものではないのです。

しかし、レディースローンで借りるメリットは、そのような抵抗感を改善するだけに留まりません。
女性担当者は、消費者金融でお金を借りようとする女性の心理を理解することができます。
借りたいけど借りていいものかどうか迷っているという人にとって、女性には心置きなく相談ができるものなのです。

消費者金融でお金を借りる際には、もう借りる金額も決まっていて申込をするだけという「計画性のある人」もいらっしゃいますが、女性の中には「借りていいものかどうか迷っている」という人も少なくありません。

現実に、女性が消費者金融でお金を借りる動機としては、ブランドバッグが買いたいとか海外旅行に行ってみたいというものが少なくありません。
要するに借りる金額が確定していないのです。
まず、最初に借りることの不安を持ちながら電話をすることが少なくないわけです。

このような女性の悩みを受け止めることができるのはやはり女性以外にありません。
男性担当者が相談を受けていても、どうしても「それでいくら借りたいんですか?」という口調になってしまうのです。
しかし、相談相手の女性はそれ以前の問題で悩んでいるわけですから話が噛み合いません。

女性が消費者金融でお金を借りたいと考える場合、このように人生相談のような悩みを解決してくれることを無意識のうちに求めているようです。
このような相談相手にはどう考えても男性は向いていません。

「井戸端会議」という言葉があります。
主婦が何人か揃ってとりとめもない話をしているだけに見えますが、実はその話の中でいろいろな問題点を解決しているのです。
一見無駄話に見える井戸端会議の重要性を知るのは女性のみです。
レディースローンも女性同士でなければわからない悩みの相談を受け入れてもらえるメリットがあるのです。

レディースローンの種類〜銀行?消費者金融?

レディースローンは、このように女性専用窓口と考えていただければ間違いありません。
しかし、銀行系カードローンには専業主婦専用カードローンという商品が存在します。
旦那さんの収入をあてにして融資をするローンです。
総量規制のある消費者金融では考えられないローンですが、銀行であれば可能なのです。

銀行の専業主婦専用ローンは、当然女性が対象です。
銀行側も女性担当者に電話応対をさせますから、申込自体も安心です。
この手のローンを企画している銀行の多くはネット銀行であり、申込自体もネットですることがほとんどです。
本人確認のために一度だけ銀行から電話がありますが、当然応対は女性なので気を使うことはありません。

銀行系カードローンの利点は、キャッシュカードと一体化しているローンカードです。
対応している銀行は限定されますが、家族にバレることがほとんどないカードローンなので安心です。
レディースローンの中でも専業主婦を対象にしたローンは、家族に内緒にしたいという根本的な問題点があるため、銀行側もより慎重な対応が望まれるのです。

もっとも、消費者金融もレディースローンでは負けていません。
専業主婦に貸すことは無理ですが、レディースローン自体の歴史は消費者金融の方がずっと長いのです。

消費者金融の中には、女性がデザインしたWEBやローンカードを採用しているものが多いです。
男性が見ると抵抗感が非常にあるのですが、女性には大好評のようです。
男性には理解しがたいレディースワールドです。

また、女性の中には「借りすぎると怖い」と考えていらっしゃる方も少なくありません。
カードローンは、限度額が大きいほど使い勝手もいいし、それに伴って金利も低くなります。
使うかどうかは本人の自制心に任せて、少しでも有利なローンを提供することが目標とされているのとは正反対です。

しかし、根っこの部分で女性は消費者金融に対して抵抗感があります。
できれば借りたくないけど、やむを得ず借りるというのが本心なのです。
そのため、ちょっと足りない時のために限度額が10万円程度という女性専用カードローンがあります。

男性から見ると、限度額が低い方が安心というのはちょっと違和感があります。
しかし、女性特有の慎重さがこのようなレディースローンを成立させているのです。
銀行も消費者金融も新規顧客獲得に必死です。
他社と差別化する手段としてもレディースローンは重要なのです。
更新履歴